ヴィンテージカーという単語を聞いた事はあるでしょうか。そもそも年式の古い車の事を、クラシックカーもしくはヒストリックカーと呼んでいます。どのくらい年式が古いのかというと、製造年代によって分けられている事が多いです。製造されてから何年経過しているかによって、呼び名が変わってきます。基準としては、生産されてから25年以上経った車という事が挙げられます。25年と聞いてしまうと、かなり古い車だという事がわかります。デザインも、今は知っている車とは全く異なる場合も多いです。また、製造年代によって違う呼び方をする場合もあります。例えば、1919年から1930年に製造された車をヴィンテージカーと呼びます。さてそのヴィンテージカーですが、持っている車両を買取してもらいたいと考えている人もいるでしょう。年代ものなのでどのくらいの価格になるか想像もつきませんね。

ヴィンテージカーとはどんな車なのか

ヴィンテージカーよりも古い車に、ベテランカーというものがあります。第一次世界大戦前に生産された車の事を指します。かなり古いものになりますね。こういったベテランカーやヴィンテージカーの部品は、もう製造していない事が多くあります。つまり、古い部品を取り換える事が不可能という事です。そして年数が経っている為、経年劣化による故障や問題が起こりやすくなっています。もちろん、新品の部品は無いにしても、他の車の部品で代用するなど、愛好家の人はメンテナンスを欠かしません。とはいえ、普通の車は10年も乗れば買取価格はほぼ0といっても過言ではありません。それよりももっと古い車です。買取価格は0かもしれません。しかし、ヴィンテージカーやベテランカーには、通常の車には無い価値がある場合もあります。ヴィンテージカーの買取を希望している人は、注意してください。

ヴィンテージカーを高く買取してもらう為には

ヴィンテージカーだけでなく、車の買取をしてもらう時には、まず査定をしてもらいますね。今ではインターネットで簡単に査定してもらう事が可能です。もちろん現物を見ていない状態での査定になりますので、確実な値段をだしてもらうには、車をしっかりと見てもらう必要があります。ましてや売るのがヴィンテージカーといった古いものであれば、最初から見てもらった方が確実ではあります。旧車は、愛好家には人気があります。歴史的価値がある場合もあります。売却先の選択肢としては、ディーラーや専門業者、オークションなどが挙げられます。しかし旧車という条件を考慮すると、旧車専門の業者を選ぶ事が無難と言えましょう。その方が、知識のある人に査定してもらう事が可能です。自分で売るというオークションは、価格がつけづらいことやトラブル回避の為に避けた方が無難です。専門知識のある人にしっかりと査定や買取をしてもらいましょう。

車両・パーツの業販承ります。 蒲田駅から羽田空港行シャトルバス利用が便利です! 業歴は安心と信頼の30年以上。中古車買取のパイオニアとして高価買取実績はのべ1万台超えています! 相続、ローン、事故、名変など車の売却にお困りのご相談多くいただいています。 お客様をご紹介くださった方には謝礼進呈します。 北海道から沖縄まで、日本全国買取り出張いたします。 ヴィンテージカーの高額買取ならva bene